引越し トラブル

引越しで起きやすいトラブル

引っ越し時のトラブルで多いのは、家具等を搬送している時の破損被害だと思います。
これはスタッフの対応によって全く違うようです。

大型家具

社員教育を徹底していると宣伝している会社が多いのに残念なことですが、「大切な家具を落とされた上にその後の対応が悪かった」「破損の事実を隠したまま引っ越し作業を終えて帰ってしまい、後からお客さんが気付いた」という事例も少なくない様です。

こういったトラブルを防ぐためにも、営業スタッフに事前に「こういう場合はどう対応してくれるのか?」と確認しておく事も大切です。
引っ越しの最中に、少しでも「アレ?」と思う事があれば、遠慮せずに行った方が泣き寝入りしなくてすみます。
こちらはお客様なのだという意識を持って、遠慮せずに対応しましょう。
納得できない事などあれば、国民生活センターに相談するというのも一つの手です。
そして、意外と忘れがちなのが新居へ引っ越した時の挨拶です。
引っ越し後にすれば良いだろうという人も多いと思いますが、引っ越し作業で騒音が出たり、入口付近に大きなトラックを止めて搬送する場合などは、近隣の方から苦情が来る場合も考えられるので、せめて両隣の方には引っ越し作業の前に挨拶をしておく方が良いでしょう。

作業時の荷物破損トラブルの対処法

転勤族である私は、定期的に転居をする為、様々な引っ越し業者を利用します。
引っ越し費用自体は転勤に伴うものなので会社持ちなので、全く気にしませんが、問題は移動中に、荷物(家具、家電等)に傷つけられることをすごく気にします。
ですが、これを引っ越し作業中に業者が付けたものであるということを証明するのはかなり難易度が高いです。

 

この点をできるだけわかりやすくするため、私は引っ越しの荷出し作業前に、業者の方に大型家具、大型家電に関して、既にある傷と傷がないことの確認を実施します。
そうすることで、搬入の際に気付いた場合、「これは荷出し時にはなかったですよね?」と明確にできるので、手間はかかりますが非常に有効だと思います。
それでも、全てのものを事前に共有することは時間的にも難しいので、高額なものに限定して事前共有をしています。
この方法が奏功したのは、大型冷蔵庫に凹みが出た際は、直ぐに確認してもらい、全額補償してもらうことができました。

 

逆に、掃除機のような家電は事前に共有しない為指摘した際に、「確かに傷ついていますが、搬出、移動時も完全に養生していましたので…」と結局、こちらも、業者もどちらも証明できないので、保証してもらえないという残念な経験もしました。
いずれにしても、保障してもらうには明確に引っ越し作業時に発生したものと証明する必要が依頼側にあるため、全てを防ぐのは事実上難しいのは確かです。